印刷する

東京都建設局のしごと

 東京は、政治、経済、文化など多くの機能が集積する日本の首都として、我が国の発展を牽引してきました。今後も、日本のみならず世界をリードする都市として持続的に成長させ、かつ著しい社会変化の流れに応じた進化に向けて、強力に都政を進めていかなければなりません。
 首都東京の都市活動・都民生活を支える上で、道路、河川、公園などの都市基盤は、欠かすことのできない重要な役割を担っています。しかし、慢性的な交通渋滞や、近年頻発する集中豪雨による都市型水害、地震発生時に大規模火災が想定される木造住宅密集地域への対応、災害時の避難場所にもなるオープンスペースや緑の確保など、喫緊の課題が山積しています。

 こうした中、建設局では、日本の経済発展を支える首都圏三環状道路をはじめ、都市の骨格を形成する幹線道路ネットワークの整備推進など、重要な都市インフラの整備を進めるとともに、道路・河川の一部施設の管理については、損傷や劣化が進む前に適切な対策を行う予防保全型管理を推進し、安全性を高めています。また、切迫する首都直下地震なども踏まえた木造住宅密集地域の延焼を遮断する特定整備路線、防災力を高め、安全で快適な歩行空間を確保する無電柱化、水害から都市を守る河川、救出・救助の活動拠点や避難場所になる公園など、高度防災都市づくりを進めています。さらに、都民に親しまれる動物園・水族園等の運営や公園への保育所の設置、道路・河川・公園へのオープンカフェの設置など、インフラの多機能利用も図っています。
 加えて、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会までの重要な助走期間となるこれからの3年間では、競技会場等となる公園の整備、暑さ対策として、幹線道路の遮熱性・保水性舗装や歩道の緑陰形成など、大会を成功へ導き、その後のレガシーとして活用していくための準備を確実に進めていきます。

 このような都市インフラの整備・活用により、生産性向上や快適な都市空間の提供等の「ストック効果」が十全に発揮されます。今後も、ストック効果の高いインフラを整備・活用するとともに、その重要性を積極的に発信していきます。
 事業の実施にあたっては、都民や民間事業者の理解と協力、国や区市町村などとの連携が重要であり、適切な情報提供や事業の重点化、事業効果の早期発現など、さまざまな工夫を図っていきます。
 建設局は、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会の成功と、さらにその先の東京を見据え、職員一丸となって、これらの事業を強力に推進していくことにより、東京をさらに機能的で魅力的な都市へと発展させていきます。
 

建設局について

ページトップへ戻る