印刷する

「東京都における文化財庭園の保存活用計画」について

 建設局は、都立庭園の適切な保存、復旧、復元等に取り組むために、平成16年度に「東京都における文化財庭園の保存管理計画」を策定し、遺構調査や史資料調査、護岸改修や御茶屋の復元等の整備を着実に進めてきました。
 また、文化財指定の変更に合わせて、平成19年、22年度に保存管理計画を一部改定してきました。
 平成29年3月、社会情勢の変化や文化庁の施策の動向等を踏まえ、平成22年度の計画を改定し、「東京都における文化財庭園の保存活用計画(共通編)」を策定しました。同時に、個別の庭園として、旧浜離宮庭園の保存活用計画を策定しました。
 今後、本計画に基づき、計画的に修復、復元等の整備や活用方策に取り組み、より多くの人々に楽しんでいただけるよう庭園の魅力アップに努めていきます。

「東京都における文化財庭園の保存活用計画(共通編)」
「東京都における文化財庭園の保存活用計画(旧浜離宮庭園)」