印刷する

指定管理者の指定について(平成24年度)

東伏見公園の指定管理者の指定について

 現在、建設局が所管する都立公園等の施設は、96施設あり、そのうち94施設に指定管理者制度を導入しています。
 このたび、平成25年4月に新規開園を予定している東伏見公園に、利用者サービスの向上と効果的・効率的な管理運営を図るため、指定管理者制度を導入します。
 本施設について、都立公園等指定管理者選定委員会の審査を経て、指定管理者候補者を以下のとおり決定しました。
 その後、平成24年12月に開催された東京都議会第四回定例会の議決を得ましたので、今後、東京都と指定管理者とで協定を締結し、平成25年4月から指定管理による管理運営を開始します。

1 対象施設

 名称:東伏見公園
 所在地:東京都西東京市東伏見一丁目

2 指定期間

 平成25年4月1日から平成28年3月31日まで (3年間)

3 指定管理者の名称

 西武・武蔵野パートナーズ

4 選定理由等

 既に指定管理者制度を導入している都立公園では、スケールメリットを確保しつつ、公園の特性適正な事業規模及び地理的条件などを考慮し複数の公園をグループ化し、指定管理者を指定しています。
 今回の開園は、計画区域内の一部の開園であり、また、管理所を置かずに開園することなどから単独での管理では、指定管理者の自主性、効率性の発揮が期待 できません。よって、直近の管理所を有する公園を含む「武蔵野の公園」グループに編入し、スケールメリットを活かして、利用者への質の高いサービスの提供 と管理の効率化を図ることとし、現在の「武蔵野の公園」グループの指定管理者に特命することとしたものです。

5 選定経過等

 指定管理者の選定については、外部委員を含めた「都立公園等指定管理者選定委員会」を設置し選定基準等に基づき、提出された事業計画書及び選定委員会におけるプレゼンテーション・ヒアリング等を踏まえ、審査を行いました。
 審査の結果、指定管理者として適している団体であると認められたことから、指定管理者候補者として決定しました。

日付 経過内容
平成24年9月7日 指定申請書、事業計画書等受付
平成24年10月3日 都立公園等指定管理者選定委員会(現場調査)
平成24年10月9日 都立公園等指定管理者選定委員会(審査)
平成24年12月 第四回東京都議会定例会にて指定管理者の指定

6 都立公園等指定管理者選定委員会概要

(1)選定委員(敬称略)

委員氏名 役職名
前田  博 財団法人日本緑化センター専務理事      ※委員長
村岡 政子 株式会社ライフ計画事務所取締役計画部長
渡辺 広之 株式会社電通ソーシャル・ソリューション局次長
守泉  誠 公認会計士
東  了一 東京都建設局総務部長
今村 篤夫 東京都建設局総合調整担当部長
北原 恒一 東京都建設局東部公園緑地事務所長

(2)選定基準(「東京都立公園条例第24条の8第2項」及び「東京都立公園条例施行規則第24条」に規定)

  1. ア 公園施設の維持・管理業務に相当の知識及び経験を有するものを従事させることができること
  2. イ 安定的な経営基盤を有すること
  3. ウ 都立公園の効用を最大限に発揮するとともに、効率的な管理運営ができること
  4. エ 法その他関係法令及び条例の規定を遵守し、適正な管理運営ができること
  5. オ 公園の維持技術に係る指導育成体制が整備されていること
  6. カ 公園施設又はこれに類する施設における良好な管理業務の実績を有すること

(3)指定管理者候補者が提案した事業の概要

(この事業内容は申請段階の計画であり、実際の管理運営に当たって実施する内容とは異なる場合があります。)

(4)委員会意見要旨

  • 開園時点の公園の形状などから、実績を有する既存のグループに編入し、スケールメリットを活かした管理運営とすることが妥当である。
  • 東伏見公園には管理所がないことから、直近の武蔵野中央公園の管理所による管理運営を行うこととし、平時、夜間及び災害時における対応について万全な体制を整えるとともに、特に夜間時における迷惑行為等が懸念される場合には、特別警備を行うことも提案されており適切である。
  • 安心して快適に利用できる公園の維持管理を基本にし、既に実績のあるグループ公園との連携体制による実施を提案しており適切である 
  • 新規開園であり、また、整備途上であることを踏まえ、管理運営にあたっては、特に地域との連携を重視し、丁寧かつ積極的な取り組みを望みたい。

お問い合わせ

建設局公園緑地部管理課調整係
03-5320-5367

事業別に見る

ページトップへ戻る