印刷する

東京都管理河川の氾濫に関する減災協議会

 近年、全国各地で水害が頻発、激甚化する中、平成27年9月の関東・東北豪雨による被害を受け、国土交通省では、社会全体で洪水に備える「水防災意識社会再構築ビジョン」を策定し、減災に向けた対策を進めてきたが、平成28年8月に発生した台風による豪雨災害では、都道府県管理河川といった中小河川においても甚大な被害が発生しました。このような状況を踏まえ、平成29年5月に水防法が改正されました。
 これを受け、東京都では、住民に避難情報を発する役割を担う区市町村など関係機関と連携し、洪水氾濫等による被害を軽減するための対策を推進することを目的とする減災協議会を設立しました。

開催状況

平成29年度

お問い合わせ

建設局河川部防災課防災総括担当
電話03-5320-5164(ダイヤルイン)

降雨時に役立つ情報

事業別に見る

ページトップへ戻る