印刷する

交通安全対策と渋滞の緩和

交通安全施設の整備

 交通事故の防止や歩行者等の安全確保のため、歩道の整備や歩道のバリアフリー化、道路標識の整備などを行っています。

歩道の整備

 歩道は、歩行者の安全確保や、植栽等による良好な都市景観の形成、ライフラインの収容空間の確保など、多様な機能を有する重要な施設です。このため、歩道が無い又は狭い箇所において、車いすがすれ違うことのできる、幅員2m以上の歩道の設置を行っています。

  • 整備前
  • 整備後

大久保通り(中野区紅葉山)

道路のバリアフリー化

 高齢者や障害者等、誰もが安全で快適に通行できる歩行空間を確保するために、都道の新設・拡幅・改修にあわせて道路のバリアフリー化に取り組んでいます。
 また、平成28 年3 月に策定した「東京都道路バリアフリー推進計画」に基づき、多くの人が訪れることが予想される東京2020 オリンピック・パラリンピック競技大会会場や観光施設周辺等の都道において、歩道の段差解消、勾配の改善、視覚障害者誘導用ブロックの設置などのバリアフリー化を重点的に進めていきます。
 さらに、高齢者や障害者などを含む多くの人が、日常生活で利用する駅や公共施設、病院などを結ぶ都道のバリアフリー化も引き続き進めていきます。

・東京都道路バリアフリー推進計画[概要] 
・東京都道路バリアフリー推進計画 
イメージ図

自転車走行空間の整備

 「東京都自転車走行空間整備推進計画」に基づき、歩行者、自転車、自動車がともに安全で安心して通行できる道路空間を実現するため、交通管理者と連携して、自転車レーンや広い歩道を活用した自転車歩行者道など、地域の道路事情に応じた整備手法により自転車走行空間の整備を進めています。
 また、国道・都道・区市道等の自転車走行空間を連続させ、ネットワーク化を図る自転車推奨ルートの整備にも取り組んでいます。

道路標識の整備

 すべての人が安全かつ円滑に移動できるよう、わかりやすい道路標識の整備に取り組んでいます。
 平成28 年1 月には「東京みちしるべ2020」を策定し、東京2020 オリンピック・パラリンピック競技大会の開催に向けて、外国人にもわかりやすい道路標識になるよう、英語併記化やピクトグラム、路線番号の活用などの取り組みを進めています。
 あわせて、観光情報とバリアフリー情報を掲載した歩行者用の案内標識(地図標識)の整備を産業労働局と合同で進めています。

・「東京みちしるべ2020」の策定について~誰にでもわかりやすい道路案内標識~ 
・ 東京みちしるべ2020~誰にでもわかりやすい道路案内標識~ 
中央区銀座

渋滞対策

交差点すいすいプラン

 道路幅員の狭い片側一車線の交差点において、右折待ち車両により渋滞が発生しています。この渋滞を緩和するため、交差点直近の用地を取得し右折車線等を整備する「第3次交差点すいすいプラン( 平成27 年3月策定)」を進めています。
 本プランは多摩地域を中心に進めており、対策を実施した交差点では通過時間の短縮などが図られ、交差点付近の歩道をあわせて整備することで、歩行者の安全も確保されます。

  • 改良前
    (交差点通過時間:15分)
  • 改良後
    (交差点通過時間:2分)

秋川街道(上川橋交差点)

既存ストックの有効活用による渋滞対策

 都内の慢性的な渋滞解消に向けて、道路ネットワークの整備が不可欠ですが、即効性の観点から、既存の道路空間を活用した渋滞対策を進めています。関係各局及び警視庁や国土交通省とも連携して、右折レーンの延伸や区画線の変更による道路施設の改善、荷さばき対策、ITS 技術(高度道路交通システム)の活用など、現地の特性に適したハード・ソフト対策を組み合わせて、交通流の円滑化を図っています。

駐車場の運営

 都は、道路の効用を保持し、円滑な道路交通を確保するため、八重洲・昭和通りの地下駐車場など6ヶ所(1,245 台)の都営駐車場を運営し、路上駐車対策に寄与しています。
 また、6ケ所全ての駐車場に指定管理者制度を導入するなど、利用者サービスの向上等の工夫を図っています。

事業別に見る

ページトップへ戻る