進め方・方針

無電柱化までの流れ
どうやって無電柱化しているの?

電線共同溝の整備にあたっては、様々な法手続きや専門性の高い技術を必要とするため、標準的な施工単位(道路延長400m)の整備に一般的に約7年程度かかります。

[1]設計手続き【現状】(2年)、[2]電線共同溝の支障となるガス・水道などの移設工事(1年)、[3]電線共同溝本体工事(2年)、[4]ケーブルの入線と引込管工事(1年)、[5]電線・電柱の撤去と[6]舗装復旧工事【完成】(1年)、すべての整備約で7年かかります。

整備の方針 [9,756KB]PDF(別ウインドウで開く)

お問い合わせ

道路管理部 安全施設課 無電柱化推進担当
03-5320-5305

事業別に見る

ページトップへ戻る