定期点検・トンネル詳細健全度調査

定期点検・トンネル詳細健全度調査

東京都建設局では、平成4年度からトンネルの定期点検を実施してきました。
トンネル予防保全計画の策定にあたっては、トンネルのさらに詳細な状態を把握するため平成24・25年度にトンネル詳細健全度調査を実施しました。

定期点検の実施

東京都建設局では、都独自の点検要領に基づき、トンネルの日常点検や定期点検(5年に一度)などを実施しています。この点検結果に応じて補修・補強を適切に実施することで、道路ネットワークの寸断や重大な事故の発生を未然に防いでいます。

  • 定期点検の実施(近接目視)
  • 劣化した舗装の応急処置
劣化したコンクリートの撤去・補修

トンネル詳細健全度調査の実施

平成24・25年度に、管理する全121か所のトンネルを対象として実施しました。トンネル詳細健全度調査では、覆工コンクリート背面に生じている空洞の調査やコンクリートの強度試験など、これまでの定期点検では把握できていなかった劣化や損傷の詳細な調査を実施しました。また、車両に搭載した高解像度カメラやレーザースキャナなどの最先端技術を活用した計測も実施しています。

  • 覆工コンクリート背面の空洞調査
  • コンクリートの強度試験
車載高解像度カメラ・レーザーによる計測

事業別に見る

ページトップへ戻る