印刷する

トンネルの予防保全型管理

トンネルの予防保全型管理

東京都建設局では、市街地、山間部、島しょ部など多様な地域において様々なトンネルを管理しています。これまで、5年に一度の点検等により損傷や劣化を的確に把握し、その都度適切な対応を行ってきました。
しかしながら、管理トンネルは今後高齢化が進むことから、平成27年11月に「トンネル予防保全計画」を策定し、損傷や劣化が進行する前に対策を行う予防保全型管理に取り組んでいます。

トンネル予防保全計画の概要

損傷や劣化が進行する前に適切な対策を行うことで、すべてのトンネルを今後100年間更新することなく健全な状態に保つ事を目指しています。

  • 管理トンネルの規模高齢化の現状への画像リンク
  • 定期点検・トンネル詳細健全度調査への画像リンク
  • 具体的な取組内容への画像リンク
  • 事業計画・事業効果への画像リンク

トンネル予防保全計画は以下から、ダウンロードできます

お問い合わせ

建設局 道路管理部 保全課 予防保全推進担当
03-5320-1111(代) 内線40-590、40-583

事業別に見る

ページトップへ戻る