事業の効果

事業の効果1 人と車の流れがスムーズに

連続立体交差事業は、数多くの踏切を同時になくすことで、円滑な道路ネットワークを実現し、交通渋滞を解消します。

事業の効果2 高架下の有効利用

連続立体交差事業で生み出された高架下の空間を活用することで地域の利便性や安全性が向上します。

事業の効果3 再開発などによるまちの活性化

連続立体交差事業は、鉄道沿線のまちづくり事業と一体的に進めることにより、総合的な都市基盤整備に貢献します。