外環道

 首都圏三環状道路の中間にある外環道(東京外かく環状道路)は、都心から約15kmの圏域を環状に連絡する総延長約85kmの道路です。東北道、関越道、中央道、東名高速など放射方向の国幹道(国土開発幹線自動車道)を連結して首都高速道路を通過する交通を迂回・分散させ、渋滞の緩和を図ります。
 現在までに関越道、東北道及び常磐道を結ぶ大泉JCTから三郷南ICまでの約34kmが供用されています。東京都の葛飾区区間約0.9kmを含み、三郷南ICから京葉道路、東関東自動車道までを結ぶ約16kmについては、平成27年度の開通を目標に整備が進められています。
 また、関越道から東名高速までの約16kmについても事業が実施されており、東名高速から湾岸道路までの約20kmについては予定路線に位置づけられています。

外環道の地図
JCT、ICは仮称。供用区間は除く。

お問い合わせ

三環状道路整備推進部 整備推進課
電話:03-5320-5172(直通)
E-mail : S1000312@section.metro.tokyo.jp

事業別に見る

ページトップへ戻る