行事案内

平成24年度行事紹介

 これまでに土木技術支援・人材育成センターで開催した行事の様子です。

1.「科学技術週間」に合わせ、センターを一般公開 平成24年4月20日(金曜日)

 都民の皆様に土木技術をより身近に感じていただくため、科学技術週間(平成24年4月16日から22日)に合わせて、毎年恒例行事「センターの一般公開」を4月20日(金曜日)に実施しました。来場者参加型の実演や、パネル・機器展示を通じて、地盤構造、地下水観測、環境にやさしい舗装、河川環境、公共基準点測量等、センターで蓄積し保有する専門的な技術をわかりやすく公開しました。
 当日は、多くの来場者が熱心な質問をしていました。

  • レンガで橋をつくろう (アーチ橋の原理実験)
  • 実物大構造物モデル展示

2.「くらしと測量・地図展」の開催 平成24年5月30日(水曜日)から6月1日(金曜日)

  • 都民をはじめ多くの方々に測量・地図の重要性を理解して頂くため、「測量の日」(6月3日)に因んだ記念行事として、国土交通省国土地理院(関東地方測量部)と東京都(都市整備局・土木技術支援・人材育成センター)が共催しました。
  • 測量の日は、昭和24年6月3日に測量法が公布されたことに由来し、公布から満40年を記念して平成元年に制定されました。
  • センターでは、公共基準点、水準測量及び地盤沈下などの測量に関する展示のほか、23区・多摩地域の東西地質断面図並びにPCデモによるWeb版地盤情報など防災対策に役立つ地図や調査開発の成果を公開しました。このほか、アーカイブとして東京の今・昔を都市計画図と写真で紹介しました。
  • これらを通じて測量・地図が安全・快適なくらしを支え、震災対策などに広く貢献していることをわかり易く伝えました。当日は8千人以上の来場者がありました。
  • 展示風景
  • 基準点・水準点の実物展示

3.平成24年度土木技術講習会の開催 平成24年6月29日(金曜日)

  • 「魅力ある都市東京の継承に向けて」と題し、3人の外部講師をお招きして土木技術講習会を開催しました。 (プログラムは、こちらをクリックしてください。)[89KB] PDF(別ウインドウで開く)
  • 毎回、講演テーマに精通した講師をお招きして開催しており、都職員をはじめ区市町村職員、一般公募の方など約300名にご参加いただきました。
熱弁をふるう講師と熱心に聴講する参加者

4.平成24年度土木技術支援・人材育成センター発表会 平成24年10月25日(木曜日)

  • 本発表会では、都及び区市町村の土木技術職員の技術力向上及び土木行政の課題に係る技術支援の情報提供を目的として、当センター職員が取り組んできた様々な調査・開発についての成果を毎年発表しています。
  • 今年は5人の職員発表と首都大学東京野上教授の特別講演があり、約240名の方々が熱心に聴講されました。
発表会の様子

5.土木の日関連行事 土木技術支援・人材育成センター一般公開 平成24年11月22日(金曜日)

  • 11月18日の「土木の日」関連行事として、当センターを一般公開しました。
  • 当日は地元小学生約70名の皆様が来場され、センター職員指導のもと、土木実験の見学や体験学習に熱心に取り組んでいました。
  • 水について考える
  • 体験学習「レンガと砂でアーチ橋を作ろう」
ページトップへ戻る