水位低下と河道整備

 地盤高が特に低く、船の通行が少ない東側地域の河川は、「水位低下と河道整備」を進めています。
北十間川の整備前と整備後
  • 北十間川の整備前の写真
    整備前
  • 北十間川の整備後の写真
    整備後
地盤沈下のため、水位が高くなった川の水位を下げて安全を確保します。
旧中川の整備前と整備後
  • 旧中川の整備前の写真
    整備前
  • 旧中川の整備後の写真
    整備後
水位を下げた河川の地盤を硬く改良して、河川敷を整備し、水辺に親しめる空間を作ります。
整備後の河川の断面は、以下の図の様になります。(例:旧中川)
豪雨時水位 A.P. +1.00m 平常時水位 A.P. -1.00m 計画護岸高 A.P. +1.70m 計画河床高 A.P. -4.00m
~平成16年度末に完成した旧中川の堤防と河川敷~
墨田区立花三丁目(平井橋下流右岸)
平井橋下流右岸の写真
「人々に親しまれ、くらしの中に活きる川」を基本理念として 事業を推進していきます。

お問い合わせ

東京都 江東治水事務所 内部河川工事課 工務担当
電話:03-5875-1565
ページトップへ戻る