街路樹の樹種変更

 当事務所管内の街路樹(高木)の約20%が、スズカケノキ(プラタナス)です。
 このため、街路樹景観が画一的で変化に乏しいうえ、アメリカシロヒトリなどの害虫の苦情が多くなっています。また、歩道が狭いため、幹や枝が大きくなると、歩行者が歩くのにさまたげになったりしています。  そのため、当事務所としては、スズカケノキの植栽された路線を中心に、道路工事や沿道開発工事に併せて、樹種の変更を行っていくことを検討しています。

 この検討の材料として、平成14年度に、当事務所では、所長・副所長・管理課長・工事課長・補修課長等で構成する委員会で検討し、「街路樹樹種変更計画報告書」(平成15年3月)  [16KB]PDF(別ウインドウで開く) として取りまとめました。今後、この報告書の考え方をもとに管内街路樹の樹種変更について、さらに検討を進めてまいります。

樹種変更

  • (平和橋通り・葛飾区西新小岩五丁目)
    クロガネモチ
  • (奥戸街道・葛飾区東立石三丁目)
    サルスベリ

お問い合わせ

補修課 街路樹係
電話 03-5875-1380

ページトップへ戻る