道路整備事業

 道路は、単に歩行者や自動車の通行のためだけでなく、高度情報化社会に対応する情報インフラや、電気、ガス、上下水道等の各種供給処理施設の収容空間として、さらに避難や救助の動線となり、また火災の延焼を防止するなど、防災空間としての役割をも有する都民生活を支える最も基礎的な社会基盤です。
 当所が管轄している千代田・中央・港の都心3区は、政治・経済・文化の中心地区として活発な都市活動が行われており、慢性的な交通渋滞の緩和とともに、都心にふさわしい風格ある質の高い都市基盤の整備が強く望まれています。
 第一建設事務所では、「環状第2号線」をはじめ、「放射第3号線」、「補助第4号線」などの都市計画道路整備事業と「高浜橋」の橋梁架替事業に取り組んでいます。

主な事業

環状第2号線


環状第2号線 全体図

 環状第2号線は、江東区有明から中央区、港区などを経て千代田区神田佐久間町の間を結ぶ、全長約14kmの幹線道路です。
 これまでに、外堀通りの区間など約9kmが完成しておりましたが、平成26年3月に新たに港区新橋から虎ノ門までの約1.4kmの区間も開通しました。
 現在、未整備となっている江東区豊洲から港区新橋までの約3.4kmの区間で工事を進めています。
 本線の道路構造については、江東区豊洲から中央区築地までは主に橋梁形式、その先、港区虎ノ門までは地下トンネル構造となっております。
 この環状第2号線は、2020年に東京で開催されるオリンピック・パラリンピックでは、晴海の選手村とオリンピックスタジアムを結ぶ重要な道路に位置付けられています。
 引き続き、早期完成をめざして工事を進めていきます。
 また、地域をはじめとした多くの方々に事業の内容を紹介するため、広報センターを開設しています。

(担当:環二工事課工務担当 電話:03-3542-0697)



環2広報センターを、平成28年11月24日より新たに中央区築地五丁目に開設しました。
環2広報センター案内図 [89KB]PDF

環状第2号線 事業概要
PDFでダウンロードできます。 [8,026KB]PDF

 

新規開通区間(新橋・虎ノ門)
事業中区間(勝どき地区から晴海方面を望む)

白山通り

 白山通りでは、千代田区神田神保町二丁目(神保町駅)から、三崎町一丁目(水道橋駅)までの延長約700mの区間について、電線類の地中化を進めています。

 平成29年2月21日(火)
 『千代田区内の都道「白山通り」の街路樹の取扱いに関する陳情』の趣旨採択に伴う説明会を実施しました。
  当日配布資料[389KB]
  説明資料[4,216KB]

(担当:工事課工事担当 電話:03-3542-1296)

環状第1号線

 環状第1号線は、千代田区日比谷公園(日比谷交差点)を起終点とし、皇居外苑を周回する総延長約6.5kmの環状道路です。  このうち、千代田区九段南一丁目地内、九段下交差点から補助第166号線(雉子橋通り)との交差部までの延長約580mの区間について、平成24年12月に事業認可を取得し、現況幅員約20mの道路を30mに拡幅します。

(担当:用地課調整担当 電話:03-3542-0152)
(担当:工事課道路設計担当 電話:03-3542-1293)

現在の状況

用地取得を進めています。

補助第4号線

 補助第4号線は、港区海岸一丁目を起点として、港区南青山一丁目に至る延長約4.1kmの補助線街路です。
 このうち、六本木七丁目地内から南青山一丁目地内の区間、延長1,080mについて、平成24年2月に事業認可を取得し、道路の整備を進めています。

(担当:用地課調整担当 電話:03-3542-0152)
(担当:工事課道路設計担当 電話:03-3542-1293)

現在の状況

 六本木七丁目付近で歩道拡幅整備のため道路整備を進めているほか、赤坂九丁目付近から南青山一丁目までの約800mの乃木坂地区においては、用地取得を進めています。

写真 補助第4号線
乃木坂駅付近

補助第11号線

 補助第11号線は、港区三田三丁目(三田二丁目交差点)を起点とし、渋谷区恵比寿一丁目(恵比寿一丁目交差点)に至る総延長約3.5kmの補助線街路です。
 このうち、港区白金二丁目地内(白金一丁目交差点)から、白金一丁目地内までの延長約120mの区間について、平成25年2月に事業認可を取得し、現況幅員約11mの道路を20mに拡幅するとともに電線類の地中化を進めていきます。

(担当:用地課調整担当 電話:03-3542-0152)
(担当:工事課道路設計担当 電話:03-3542-1293)

現在の状況

用地取得を進めています。

高浜橋

 高浜橋は、港区芝浦四丁目と同区港南一丁目を繋ぐ旧海岸通りの橋梁で、昭和31年に架設し、39年の拡幅を経て、現在の橋長は56m、幅員は17.5mになっています。
 本橋梁は、「2020年の東京」実行プログラムに基づき、災害発生時における避難・輸送ルートの安全性確保のため、架替えを進めていきます。

(担当:工事課道路設計担当 電話:03-3542-1293)

現在の状況

 平成28年12月に仮設道路に切り替えをして、現在、旧橋撤去を施工しています。

環状第4号線

 環状第4号線は、港区高輪三丁目を起点とし、江東区新砂三丁目に至る延長約28.8kmの環状街路です。都市の骨格を形成する区部環状方向の幹線道路の一つとして放射方向の幹線道路と連絡し、都心に集中する交通を分散化するなど重要な役割を担っています。
 また、品川駅周辺地区は、本格的に国際化が進む羽田空港と近接し、2020年の東京オリンピック・パラリンピック競技大会の開催や2027年のリニア中央新幹線の開業(予定)も見据え、更なる拠点性の強化が期待されています。
 このため、東京都は、平成26年9月に「品川駅・田町駅周辺まちづくりガイドライン2014」を策定し、その中で拠点性を高める道路ネットワークの1つとして、環状第4号線を整備・延伸することとしました。
 なお今後、環状第4号線のうち唯一現道のない未整備区間とその延伸部、白金台交差点から新港南橋交差点までの区間について、事業化に向けて関係区及び関係部署と調整のうえ東京都影響評価、都市計画変更等の手続きを適切に実施していくとともに、道路設計や用地取得を行うための現況測量や用地測量を適宜実施していきます。

現在の状況

 「環状第4号線の環境現況調査に関する説明会」を、平成27年8月31日、9月1日、9月2日の3日間で開催しました。

説明会の開催概要  各資料をPDFファイルでダウンロードできます。

東京都市計画道路幹線街路環状第4号線及びその延伸部
環境現況調査に関する説明会(平成27年8月31日、9月1日、9月2日の3日間開催)
 事前配布チラシ
[598KB]PDF
当日配布資料(パンフレット)
[3,708KB]PDF
説明スライド
[4,674KB]PDF
 主な質問や意見等
[564KB]PDF

※なお、当日配布資料(パンフレット)については、下記問い合わせ先のほか、港区役所土木課、高輪地区総合支所協働推進課、芝浦港南地区総合支所協働推進課、品川区大崎第一地域センターにおいて、配布しております。


 「東京都市計画道路幹線街路環状第4号線(港区港南一丁目~同区白金台三丁目間)建設事業」に係る特例環境配慮書を東京都環境局に提出し、「都市計画変更素案(複数案)及び特例環境配慮書の説明会」を、平成29年3月26日、3月27日、3月28日の3日間で開催しました。

東京都市計画道路幹線街路環状第4号線及びその延伸部
特例環境配慮書の説明会(平成29年3月26日、3月27日、3月28日の3日間開催)
[4]環境影響評価の項目
[163KB]PDF
[5]調査等の手法の概略
[144KB]PDF

※なお、当日配布資料(パンフレット)については、下記問い合わせ先にあるほか、下記URLよりダウンロードできます。
http://www.toshiseibi.metro.tokyo.jp/kiban/pamphlet/index.html
 

 「環状第4号線(高輪区間)の測量及び事業の進め方に関する説明会」を、平成29年8月22日、8月23日の2日間で開催しました。

説明会の開催概要  各資料をPDFファイルでダウンロードできます。

環状第4号線(高輪区間)の測量及び事業の進め方に関する説明会
(平成29年8月22日、8月23日の2日間開催)
 事前配布チラシ
[858KB]PDF
当日配布資料(パンフレット)
[2,208KB]PDF
説明スライド
[2,088KB]PDF
 主な質問や意見等
[220KB]PDF



[問い合わせ先]
(都市計画に関すること)
東京都 都市整備局 都市基盤部 街路計画課
電話:03-5388-3292
(事業全体に関すること)
東京都 建設局 道路建設部 計画課
電話:03-5320-5319
東京都 第一建設事務所工事課
電話:03-3542-1293,1299
(高輪区間に関すること)
東京都 都市整備局 市街地整備部 企画課
電話:03-5320-5119

 

三原橋

 三原橋は、中央区銀座四丁目から同区銀座五丁目にある晴海通りに、昭和4年に架設した橋長30mの橋梁です。
 本整備では、橋梁を撤去・埋戻すことにより、太鼓状(橋梁部が高い)の道路を改善し、見通しをよくします。
 また、橋梁下の地下歩道(銀座駅-東銀座駅間)にスロープを設置し、バリアフリー化を図っています。
(担当:工事課工事担当  電話:03-3542-1296)
ページトップへ戻る