道路の整備

所管する地域では、開発事業が盛んに進められ、市街地の拡大とそれに伴う生活圏の拡大が続いてきました。また、首都圏中央連絡自動車道八王子西ICのスマートインター化に合わせ、物流拠点の整備が計画されています。さらに、八王子市北西部には、砕石採取場や大規模霊園も多く立地しています。
こうした中、管内の都道については、整備を必要とする道路が多く、歩行者の安全と車両のスムーズな流れの確保や交通渋滞の解消が大きな課題となっています。
建設局では、交通渋滞の解消などの課題解決に向け、平成28年3月に「第四次事業化計画(優先整備路線の選定)」を策定しました。「自動車交通の円滑化」や「高度な防災都市の実現】さらに「地域の安全性の向上」などを進めるとしています。
整備手法としては、道路の新設や拡幅、あるいは交差点の改良、歩道設置等を実施し、多摩の中核都市にふさわしい道路の整備を目指し、引き続き、事業の一層の促進に努めています。

街路・道路の整備

主な道路整備手法としては、道路整備事業と街路整備事業があります。
道路整備事業は、道路法に基づき、道路の線形の改良や歩道のない幅員の狭い幹線道路の拡幅を行っています。
また、街路整備事業は、都市計画法に基づく都市計画事業として、都市の骨格を形成する幹線道路や地域生活をささえる基幹的な道路の延伸・新設工事や拡幅工事を行っています。

打越町土入立体(うちこしまちつちいれりったい)

交差点すいすいプラン(交差点改良事業)

本計画は、道路幅員が狭い片側一車線の道路における交差点で、右折待ちの車両が支障となって発生する渋滞を緩和し、円滑な交通を確保することを目的としています。
平成6年5月に「交差点すいすいプラン100」を策定し、事業に着手。平成17年2月には、「第2次交差点すいすいプラン」を策定し、積極的に渋滞対策を進めてきました。
平成27年3月には、「第3次交差点すいすいプラン」を策定し、円滑な交通の実現を目指して整備を進めています。

川原宿(かわらじゅく)

橋梁の整備

道路の整備と一体となり、河川・鉄道等で分断されている地域を結ぶ新設橋梁の建設、老朽化した橋の架け替えや拡幅工事を進めています。

松枝橋(仮橋)

お問い合わせ

東京都南多摩西部建設事務所
〒192-0046
東京都八王子市明神町三丁目19番2号(東京都八王子合同庁舎)
●事業に関すること    工事課 工務担当     電話 042-643-2648
●道路設計に関すること  工事課 道路設計総括担当 電話 042-643-2655
●道路工事に関すること  工事課 道路工事担当   電話 042-643-2657
●測量に関すること    工事課 測量担当     電話 042-643-2662

ページトップへ戻る