周遊道路の維持管理

道路の保守管理

奥多摩出張所では、道路巡回パトロールや道路清掃、冬季の除雪、台風や大雨等による斜面崩壊や倒木といった災害対応など、車両が安全に走行できるよう、日々道路管理に努めています。

道路巡回パトロール

奥多摩出張所では、毎日道路パトロールを行い、道路に異常が無いかを点検しています。落石や倒木は日常的に発生しているため、これらの除去作業等も行なっています。

道路巡回パトロールの写真 別ウィンドウで表示します

道路清掃

台風通過後や、秋の紅葉シーズンなどは、道路上に落葉などが大量に散乱するので、日々清掃を行い、道路を綺麗にしています。

道路清掃の写真 別ウィンドウで表示します

除雪対応

奥多摩出張所は、東京都建設局で唯一、除雪車を所有しています。積雪により通行止めとなった場合は、一刻も早い交通開放に向けて除雪作業を実施しています。

除雪対応の写真 別ウィンドウで表示します

災害対応

台風や大雨により、斜面崩壊などの災害が発生した場合、速やかに対応を行い、一刻も早く復旧するための作業を実施しています。

災害対応の写真 別ウィンドウで表示します

路面補修

利用者の方々が奥多摩周遊道路をより快適に走行できるよう、計画的に路面補修工事を実施しています。冬期間は気温の低下や積雪に伴い地盤が凍結することで地盤が隆起し路面にひび割れ等が発生しやすいため、定期的な維持管理が必要となります。

  • 路面補修の写真1 別ウィンドウで表示します
  • 路面補修の写真2 別ウィンドウで表示します

斜面災害対策

奥多摩周遊道路は全線が山岳道路であり、道路に隣接する斜面を多くかかえています。この厳しい自然環境により、過去土砂崩落や落石等の災害を経験してきました。そのため、老朽化したモルタル斜面対策や落石等の危険度の高い法面から優先的に道路災害防除事業を実施し利用者の安全を守っています。

現場吹付法枠工+ロックボルト工

既存斜面の前面に鉄筋を網目状に配列し、その上からモルタル材を吹付ける工法です。また、法枠の交点にはロックボルト(鉄筋)を挿入し、既設斜面と密着させることで崩壊を防止しています。

  • 現場吹付法枠工+ロックボルト工 施工前の写真 別ウィンドウで表示します
    施工前
  • 現場吹付法枠工+ロックボルト工 施工後の写真 別ウィンドウで表示します
    施工後

短繊維混入モルタル吹付工

既設モルタル面にロックボルト(鉄筋)及びせん断ボルトを設置し、短繊維(ビニロン繊維)を混合したモルタル材を既存モルタル斜面の上から重ねて吹き付ける工法です。

  • 短繊維混入モルタル吹付工 施工前の写真 別ウィンドウで表示します
    施工前
  • 短繊維混入モルタル吹付工 施工後の写真 別ウィンドウで表示します
    施工後

ポケット式落石防止網工

斜面前面にひし形金網を設置し、斜面上部からの落石を捕捉します。

  • ポケット式落石防止網工 施工前の写真 別ウィンドウで表示します
    施工前
  • ポケット式落石防止網工 施工後の写真 別ウィンドウで表示します
    施工後

ロープ掛工及びロープ伏工

斜面内に存在する大きな転石や露岩を金属製のワイヤーで固定することにより、落石を予防します。

  • ロープ掛工の写真 別ウィンドウで表示します
    ロープ掛工
  • ロープ伏工の写真 別ウィンドウで表示します
    ロープ伏工