• 都立井の頭恩賜公園は、
    1917(大正6)年5月1日に
    日本で最初の郊外公園として開園し、
    2017年に開園100周年を
    迎えました。
    これからも皆さまに愛される
    公園を目指してまいります。

  • 都立井の頭恩賜公園は、
    1917(大正6)年5月1日に
    日本で最初の郊外公園として開園し、
    2017年に開園100周年を
    迎えました。
    これからも皆さまに愛される
    公園を目指してまいります。

  • 都立井の頭恩賜公園は、
    1917(大正6)年5月1日に
    日本で最初の郊外公園として開園し、
    2017年に開園100周年を
    迎えました。
    これからも皆さまに愛される
    公園を目指してまいります。

  • 都立井の頭恩賜公園は、
    1917(大正6)年5月1日に
    日本で最初の郊外公園として開園し、
    2017年に開園100周年を
    迎えました。
    これからも皆さまに愛される
    公園を目指してまいります。

施設紹介ののアイコン画像井の頭恩賜公園には
楽しめる施設いっぱい!

一人での散策はもちろん、お子様からシニア世代まで一緒に楽しめる施設が集まっています。

施設紹介を見る

公園についてのアイコン画像公園についてAbout Park

大正6年に開園した井の頭恩賜公園は、2017年に開園100周年を迎えました。開園当時は、郊外に位置する公園とされていましたが、現在では、住宅地に隣接する貴重な緑の空間として親しまれています。園内は、井の頭池周辺、雑木林のある御殿山、運動施設のある西園、第二公園と4区域に分かれています。また、井の頭池周辺は低地、御殿山周辺は高台になっており、変化に富んだ景観が楽しめます。

もっと見る

公園についての画像

公園の見どころのアイコン画像公園の見どころHighlight

開園当初はそれまでの御料地のなごりで鬱蒼とした樹林に覆われていましたが、100年の歴史の中で公園は劇的な変貌を遂げています。都市化の中にあっても自然度の高い環境を保ち、自然公園的な側面や風致公園としての役割を持つだけでなく、時代と共に変化する人々のニーズに即した公園として、園内各所で歴史、文化、自然を楽しむことが出来ます。

もっと見る

公園の見どころの画像

井の頭恩賜公園 公式キャラクター ひゃくさいくんとひゃっこちゃんについて