井の頭恩賜公園の概要

 この公園は、大正2年に日本最初の郊外公園として決定され、計画的に整備されました。また、井の頭池は、初めて江戸にひかれた水道、神田上水の源であり、明治31年に「改良水道」ができるまで、重要な役割を果たしていました。

 「井の頭池」の命名者は、三代将軍徳川家光と伝えられています。その意味としては「上水道の水源」「このうえなくうまい水を出す井戸」という二つの説があります。

 かつては、杉の水源涵養林が池の水面をおおい、美しい風景を作り出していました。樹の種類や林の様相は時とともに変化し、今では「郊外」という響きも薄れてきましたが、都民の憩いの場であることには変わりはありません。

 園内は、井の頭池とその周辺、雑木林と自然文化園のある御殿山、そして運動施設のある西園と、西園の南東にある第二公園の4区域に分かれています。

開園年月日 大正6年5月1日
開園面積 428,389.99m2
樹木 約20,000本
主な植物 サクラ、ラクウショウ、ヒトツバダゴ、ヒノキ、イヌシデ、モミジ
池の外周 約1.5km
主な施設 野外ステージ、競技場、テニスコート、野球場、ボート場
ページトップへ戻る