印刷する

建設局へ寄せられた都民の声(平成29年1月)

受付件数と区分

                                                                                        

※上記区分の定義
提言 : 施策の未実施や不十分さ等について、新たな施策の実施や既存の施策の改善策を具体的に提示し、その実施を求めるもの。
意見 : 施策や職員の行為についての激励・感謝、評論・感想等で、一般的な都政や知事発言等に対する賛否や批判を含むもの。
苦情 : 施策の実施または未実施等に伴う被害等の不都合や職員の対応への不満を申し立てるもの。また、その是正、補償、陳謝等の救済を求めるもの。
要望 : 施策の未実施や不十分さ等について改善を求めるもので、改善の方法等について言及されていないか、あるいは抽象的なもの。
相談 : 困りごとについて判断の指針や助言、またはそのために必要な情報や対話を通じて求めるもの。
問合せ : 施設の所在地、事務所の所管部署、施策の内容や手続など知りたい点を明示して尋ねるもの。
その他 : 都政運営とは直接関係のない事象に関する苦情・要望・提言・意見で、趣旨等不明の訴え等を含むもの。

寄せられた都民の声と対応事例

▶(都民の声)自転車道の整備について
 先日歩道を歩いていて自転車にひかれそうになりました。小さな子供を連れていたらと思うとゾッとしました。やはり多くの道で自転車道がない事にも問題があると思います。ヨーロッパ諸国のように乗り捨て式のレンタル自転車が普及して行くのはとても素晴らしいと思いますが自転車道の整備もお願い致します。
(回答)この度は、貴重なご意見をいただきありがとうございます。
 自転車は、都市内の有効な交通手段の一つであり、誰もが安全で快適に利用できるよう、自転車利用者のルール・マナーの周知徹底とともに、自転車走行空間の整備を進めることが重要です。
 都では、平成24年10月に策定した「東京都自転車走行空間整備推進計画」に基づき、自転車交通量が多く事故の危険性が高い区間等で、自転車レーンや広い歩道を活用し自転車と歩行者を視覚的・構造的に分離した自転車歩行者道など、地域の道路事情に応じた整備手法により、安全で快適な自転車走行空間の整備を進めています。
 引き続き、自転車走行空間の整備を積極的に推進し、都民の皆様が安全で安心して利用できる道路空間を創出してまいります。

▶(都民の声)都立篠崎公園の整備について
 都立篠崎公園Aの整備について要望です。建設局の管轄かと思います。いつも少年野球のグラウンドを利用させて頂いているのですが、この冬の時期になるとグラウンドに霜がおりほぼ使えない状態となります。他の江戸川区による管理をしているグラウンドは、凍結防止剤などをまききちんと予防をしているのですが、篠崎公園に関しては全くの未管理です。その他グラウンド整備道具もボロボロで管理の怠慢としか思えません。きちんと料金を取っているのですから使える状態にするのが管理会社の義務だと思います。対応をお願いします。 
(回答)平素より篠崎公園の運動施設をご利用いただき、誠にありがとうございます。
 篠崎公園の野球場・小野球場はA地区にあわせて4面ありますが、そのうちの南側に設置されたグラウンドについては、日照が良くないことから、冬期の気温の変化により低温になる朝の降霜及び日中の溶けた霜によるぬかるみが生じることがあります。
 通常の維持管理のほかに凍結防止剤散布等の対策は行っておりますが、施設の立地上、完全に防止することは難しい状況です。
 また、グラウンドの整備用具については、定期的に点検し、必要に応じて修理や交換等を行っておりますが、ご利用いただいた際にご不便をおかけいたしまして誠に申し訳ありませんでした。
 ご意見をいただいた用具については、点検時に新しいものと交換しております。
 引き続き、お寄せいただいたご意見を参考にしながら、多くの皆さまが快適にご利用いただけるように努めてまいりますので、ご理解くださいますようよろしくお願いいたします。
 

お問い合わせ

建設局総務部総務課広報担当
03-5320-5212

建設局について

ページトップへ戻る