印刷する

東京都暴力団排除条例

「東京都暴力団排除条例」の制定について

 東京都では、「東京都暴力団排除条例」が公布され、平成23年10月1日から施行となりました。
 この条例では、都民の安全で平穏な生活を確保し、社会経済を健全に発展させるため、暴力団排除の基本理念を定めるとともに「都民等の役割」「禁止措置」などを定めています。

1.基本理念

  • 暴力団と交際しない!暴力団を恐れない!
  • 暴力団に金を出さない!暴力団を利用しない!

2.都民等の主な役割(努力義務)

  1. (1)祭礼等における措置
    祭礼・興行等の主催者は、その行事の運営に暴力団関係者を関与させないこと。
  2. (2)契約における措置
    契約時に相手が暴力団関係者であった場合、催告なく契約を解除する特約を設けること。

3.主な禁止措置

  1. (1)妨害行為の禁止
    • 暴力団排除活動を行う者に対しての威迫、つきまとい等の妨害行為の禁止(違反すると命令・罰則)。
  2. (2)暴力団関係者に対する利益供与の禁止
    • 暴力団の威力を利用し、その対償として暴力団関係者に利益供与することの禁止(違反すると勧告・公表・命令・罰則)。
    • 暴力団の活動の助長・運営に資する利益供与の禁止(違反すると勧告・公表)。
  3. (3)他人の名義利用の禁止
    • 暴力団員である事実を隠ぺいする目的を知って、自己の名義を利用させることの禁止(違反すると勧告・公表)。

詳細な情報

詳しくは、警視庁ホームページをご覧ください。 → 警視庁ホームページ別ウインドウで開く

お問い合わせ
警視庁東京都暴力団排除条例プロジェクト
03-3581-4321(警視庁代表)

ページに関するお問い合わせ

総務部用度課用度係
03-5320-5241

入札・申請

ページトップへ戻る