放射第5号線(久我山)

都市計画道路名 放射第5号線(久我山)
通称道路名 なし
事業起点 杉並区久我山二丁目
事業終点 杉並区久我山三丁目
事業区間延長 L=1,300m
車線数 4車線
計画幅員 W=60m
事業認可告示日 平成17年12月20日
問い合わせ先 東京都第三建設事務所
工事第一課
TEL:03-3387-5348

事業の概略説明(路線の特徴、期待される効果、整備状況など)

 東京都市計画道路放射第5号線は、区部と多摩地域を結ぶ重要な骨格幹線道路です。
 本事業区間は、放射第5号線のうち唯一未整備区間で、東西方向の交通のボトルネックとなっており、国道20号や東八道路などの交通渋滞を招いているため、早期整備が必要です。
 本事業は、総合環境アセスメント制度の試行の結果を踏まえ、玉川上水の保全など、地域環境に配慮した道路として、幅員60mで整備します。

 この事業が実施されると、

  • 東西方向の交通の分散が図られることによる交通渋滞の緩和と走行速度の向上
  • 玉川上水の保全と環境施設帯の設置による水と緑のネットワークの形成
  • 生活道路への通過交通の減少による歩行者の安全性の向上と居住環境の改善
  • 消防車や救急車などの緊急車両の円滑な通行と災害時の避難路の確保

 などの効果があります。

 平成17年12月に事業認可を取得し用地取得を進め、平成26年度末の用地取得率は9割を大幅に超えています。
 整備にあたっては、地域住民の意見を道造りに反映するため住民や学識経験者を含めた協議会を設置して平成18年度末まで検討を進めました。
 協議会からは、放射第5号線と交差する岩通通りを立体交差とした一部トンネル案が提案されましたが、経済性、防災性、既存樹木への影響等を総合的に評価して、既存の都市計画案である平面案で整備することを決定しました。

もっと詳しく知りたい方はこちらをご覧下さい。

ページトップへ戻る