道路の日常管理

道路区域の決定・変更、供用開始

 道路を新設するときの区域決定や拡幅改良したときの区域変更の手続きを行うことで、道路の具体的な管理範囲を定めています。また、完成した道路を開通するときの供用開始等の手続きを行っています。

(担当:管理課管理担当 TEL:03-3387-5133)

道路の監察

 道路の機能を保全するため、監察車等によるパトロールを実施し、道路の損傷・汚染箇所の早期発見に努めています。また、道路上における工事の安全対策についての監察・指導や不法占用の指導などにも取り組んでいます。さらに、路上生活者や置看板等への対応については、所轄警察署や区役所等と連携して取り組んでいます。

(担当:管理課監察担当 TEL:03-3387-5144)

道路の監察の写真
<夜間パトロールの様子>

道路上工事の調整

 都民の生活にとって必要不可欠な上下水道、ガス、電気、通信等のライフラインの多くは、道路の地下に設置されており、これらの新設・維持補修の際には道路を掘り返す工事を伴います。
 様々な企業等によって道路を掘り返す工事が無秩序に行われた場合、それは沿道住民の皆さんの生活の迷惑となったり、道路利用者の交通に著しい支障を来たす恐れがあります。
 また、無計画な道路の掘り返しは不経済であり道路を維持管理していく上でも大きな問題となります。
 そこで、東京都建設局、警視庁、企業者等で構成される「東京都道路工事調整協議会」を設置して、これらの工事を計画的・合理的に調整し、事故防止や円滑な交通の確保を図っています。

(担当:管理課工事調整担当 TEL:03-3387-3657)

東京ふれあいロード・プログラム

 東京都が、歩道の清掃や植栽の手入れ等を行うボランティア団体を「活動団体」として認定し、住民の方々等と東京都が共同しながら道路の美化活動を進めています。当所管内では、20団体が認定されています。(H24.10.1現在)

(担当:管理課管理担当 TEL:03-3387-5133)

 →「東京ふれあいロード・プログラム」の詳細はこちら(建設局ホームページ)

  • 東京ふれあいロード・プログラムの写真1
    <歩道清掃活動の様子>
  • 東京ふれあいロード・プログラムの写真2
    <手入れされた植栽の様子>
ページトップへ戻る