無電柱化

電線共同溝の整備による無電柱化

 電線共同溝とは、地上の電柱や上空の電線を、地下の空間に収容するための施設です。無電柱化を行うことにより、町の景観をスッキリするとともに、地震や台風による電柱の倒壊をなくし、安全性を向上することが出来ます。

電線共同溝工事の流れ 電線共同溝の整備にあたっては、様々な法手続きや専門性の高い技術を必要とするため、標準的な施工単位(施工延長約400m)の整備に約4年の期間を必要とします。 [1] 計画・手続き・設計 [2] 電線共同溝の障害となるが図・水道などの移設 [3] 電線共同溝の工事 [4] ケーブルの入線と引込官の工事 [5] 電線・電柱の撤去 [6] 歩道舗装工事

お問い合わせ

第三建設事務所 補修課補修担当 TEL:03-3387-5392

ページトップへ戻る