庭園

 都立公園には江戸から続く歴史と文化が蓄積した貴重な遺産で、国及び東京都の文化財指定を受けている庭園が9箇所あります。いずれも我が国を代表する名園です。

 庭園技術の継承を図りながら維持管理を行うとともに、庭園の魅力を高め、より多くの方々に楽しんでいただけるよう、正月開園や春や夏の開園時間の延長、桜や紅葉時期のライトアップ、紅葉めぐりスタンプラリーなどを実施しています。

 平成28年度からは浜離宮恩賜庭園内の見所を音声や映像で分かりやすく提供する、5言語6種類対応の都立公園散策アプリ「Tokyo Parks Navi(東京パークスナビ)」のサービスを開始しました。

 国の特別名勝と特別史跡に指定されている浜離宮恩賜庭園と小石川後楽園では、江戸時代の大名庭園の復元を進めています。

 浜離宮恩賜庭園では、江戸時代の大名庭園の姿をよみがえらせ、江戸文化を実感できるよう、戦災等で焼失した「茶屋」群などの復元を行っており、「松の御茶屋」、「燕の御茶屋」に続き、平成28年度より「鷹の御茶屋」の復元を進めています。

 小石川後楽園では、戦災後の修復以来となる庭園全域を対象とした復元事業に着手しており、琵琶湖を模し、庭の中心的な景色を造り出している「大泉水」の修復を行っています。また、平成24年度「円月橋」、平成25年度「得仁堂」「九八屋」「丸屋」、平成26年度には、「石橋」「赤門」の修復が完了するなど建築物等の修復工事を継続して行っています。

都立公園・庭園案内

都立庭園一覧

  • 浜離宮恩賜庭園「燕の御茶屋」
  • 浜離宮恩賜庭園「燕の御茶屋」
六義園「しだれ桜と大名庭園のライトアップ」

事業別に見る

ページトップへ戻る