印刷する

低地河川の整備

 東部低地帯の河川整備では、これまで高潮や洪水による多くの災害を受けてきたことから高潮対策等の堤防整備や耐震・耐水対策に取り組んでいます。整備に際しては、テラスの連続化など人々が集い、にぎわいが生まれる水辺空間の創出に努めています。

低地帯の地盤高

河川施設の地震・津波対策

 東部低地帯における地震・津波対策については、平成23年3月の東日本大震災を踏まえ、「想定される最大級の地震が発生した場合においても、各施設の機能を保持し、津波等による浸水を防止する」という目標達成に向けた「整備計画」を平成24年12月に策定しました。
 平成33年度までに堤防約86kmと水門・排水機場等全22施設の耐震・耐水対策を実施し、このうち、特に緊急性の高い水門外側の堤防とすべての水門・排水機場等については、2020年(平成31年度)までに完了させることとしています。現在は、隅田川、大島川水門等で整備を進めています。

耐震対策のイメージ図

高潮防御施設の整備

 主に隅田川以東に広がる東部低地帯を伊勢湾台風級の高潮から守るため、堤防の整備を進めています。隅田川等の主要河川についてはほぼ完成しており、現在は、妙見島等の未整備箇所の整備を進めています。

スーパー堤防・緩傾斜型堤防の整備

 隅田川等の主要河川については、大地震に対する安全性と水辺環境の向上を図るため、スーパー堤防や緩傾斜型堤防の整備を進めています。整備にあたっては、沿川の再開発事業等のまちづくりと一体的に事業を行うとともに、先行してテラスを整備し、ジョギングや水辺の散策など、広く都民の方に親しまれています。

 パンフレット[2,710KB]

  • スーパー堤防整備前
  • スーパー堤防整備後
スーパー堤防断面図(隅田川)

江東内部河川の整備

 荒川と隅田川に囲まれた特に地盤の低い江東三角地帯を大地震による護岸損壊に伴う水害から守るため、江東内部河川のうち、西側の河川では耐震護岸の整備を進め、平常水位を低下させている東側の河川では、河川環境にも配慮した河道整備を進めています。

  • 耐震護岸整備
    (大横川)
  • 環境に配慮した整備
    (旧中川)

水辺空間のにぎわい創出

 人々が集い、にぎわいが生まれる魅力的な水辺空間を創出するため、隅田川を軸として、橋梁から川沿いへのアクセス向上、テラスの連続化、夜間照明の整備など東京湾・ベイエリアと都心を結ぶ水辺の動線を強化するとともに、両国・築地などのエリアで重点的な施策を展開していきます。

  • 河川敷地を活用した隅田公園
    河川敷地を活用した隅田公園
    オープンカフェ(隅田川 台東区花川戸)
  • テラス照明整備
    テラス照明整備
    (隅田川 台東区蔵前)

PDF版:東部低地帯の地盤高図  [741KB]PDF(別ウインドウで開く)

降雨時に役立つ情報

事業別に見る

ページトップへ戻る