印刷する

河川の管理と活用

東京都の河川はその地勢から、概ね西部に源を発して東京湾に注いでいます。そのうち、国土交通大臣が指定する一級河川としての多摩川水系、荒川水系、利根川水系、鶴見川水系の92河川、都知事が指定する二級河川としての15河川があり、合計すると、都内の河川は107河川、約858kmになります。
このうち、荒川や利根川など、国土交通省が管理する河川を除く105河川、約711kmを東京都が管理しています。
また、東京都管理河川のうち、区部の46河川については、「特別区における東京都の事務処理の特例に関する条例」により区が管理を行っています。
このほか、区市町村が指定・管理する準用河川が20河川、約33kmあります。  

凡例 国土交通大臣管理区間 区部・多摩地域界 一級河川 二級河川 三級河川
東京都河川分布図

河川の利用

 河川では、誰もが自由に散歩やサイクリング等を楽しむことができます(「自由使用の原則」といいます)。し かし、一部の利用者が独占してしまいますと、他の方が利用できなくなり、誰もが自由に利用できるという自由使用の原則に反してしまいます。また、河川がわたしたちの生活の中でとても身近なものであるがゆえに、洪水や高潮等の災害の防止や河川環境の整備・保全をすることは公共の福祉を実現するうえでとても大切なことです。河川は原則として誰でも自由に利用できますが、これらの理由から法律で利用が制限されることがあります。

◆河川法で制限されている行為

 河川に関する基本法は河川法です。河川法では、次に掲げる行為等を行う場合は、河川を管理する上で支障が生じる恐れがあるため、自由使用を制限し、河川管理者の許可が必要となります。

【河川法で制限されている行為】
  • 河川の水を取水すること(河川法第23条)
  • 河川の土地を排他・独占的に使用すること(河川法第24条)
  • 河川の砂やヨシ等を採取すること(河川法第25条)
  • 河川に工作物等を設置すること(河川法第26条)
  • 河川の土地の形状を変更すること・竹木の栽植・伐採等を行うこと(河川法第27条)
  • 河川保全区域内において、土地の形状を変更することまたは工作物を設置すること
 (法令で定める行為は除く)(河川法第55条)
ただし、河川法第24条及び第25条は国有地に限ります。

◆河川法以外の法令で禁止されている行為
例)
  • 禁漁区での魚釣り(漁業法)
  • 水上バイク等による迷惑走行(船舶同士の事故など(東京都水上取締条例))
  • 犬の放し飼い(通行人への危害など(東京都動物の愛護及び管理に関する条例))
  • 夜間の大音響での集会(近隣住民への騒音など(都民の健康と安全を確保する環境に関する条例))

◆社会的に問題となっている行為
 河川法で制限されている行為以外でも、以下のような行為は危険・迷惑行為として社会的に問題となっておりますので、十分注意して行ってください。
例)
  • 河川敷でのゴルフ練習(飛球に対する危険など)
  • ラジコン飛行機やドローン等の飛行(航空法にもとづく許可が必要な場合があります)
  • バーベキュー(直火は河川管理施設等を損傷したり河川環境に悪影響を及ぼすのでやめて下さい。騒音や煙は近隣住民の迷惑となります。また、ゴミは必ず持ち帰りましょう。)
  • 遅い時間の花火(近隣住民への騒音など)
 河川は誰でも自由に利用できるため、節度を持って利用していただかないと他の方が利用できなくなったり、他の方の迷惑になります。誰もが自由に利用できるようにマナーを守って利用してください。

※場所によっては河川管理施設保護や他の利用者への配慮のため、禁止されている行為もあります。詳しくは各建設事務所管理課へお問い合わせ下さい。

◆テラス護岸等一日利用制度

 河川は自由使用が原則ですが、河川法で制限されている行為を行う場合は許可が必要となります。しかし、河川の多様な利用を促進し、にぎわいある魅力的な河川空間を創造することも必要となってきます。そこで東京都では、テラス護岸等を一時的に利用できる「テラ ス護岸等一日利用制度」を設けています。これまで原則として許可の対象となっていたものであっても、一定の要件を満たす場合は「届出」という簡易な手続き で河川を利用することができます。テラス護岸等を各種イベントやテレビ・ドラマ・映画の撮影等で使用したい方はこの制度をご利用ください。ただし、内容によってはご利用をお断りすることもありますので、詳しくは各建設事務所管理課へお問い合わせください。

河川の利用に関するお問い合わせは、所管の建設事務所管理課におたずね下さい

※所管区域と事務所はこちら
※各種申請様式はこちら

係留保管施設の整備

 都内の河川では、船舶等が無秩序に係留されて河川管理上支障となっています。その適正化を図るため、平成15年1月に施行した「東京都船舶の係留保管の適正化に関する条例」に基づいて不法係留船対策に取り組むとともに、その受け皿として係留保管施設を整備しています。

「東京都船舶の係留保管の適正化に関する条例」のお知らせページへ

「東京都保管船舶処理委員会」に関するページへ

係留保管施設
(海老取川 大田区)

防災船着場の整備と有効活用

 大規模災害時に河川を物資輸送経路等として活用するため、防災船着場を整備しています。平常時には、(公財)東京都公園協会の「東京水辺ライン」として活用している防災用船舶の発着場として利用するとともに、隅田川の越中島と明石町、桜橋の各船着場では、屋形船等に一般開放を行っており、観光舟運の新たなルートの拠点となっています。

水上バス「東京水辺ライン」と
桜橋防災船着場
(隅田川 台東区今戸)
東京都河川分布図 [443KB]PDF(別ウインドウで開く)

降雨時に役立つ情報

事業別に見る

ページトップへ戻る