印刷する

平成23年度 河川愛護月間行事(施設見学)

河川愛護月間行事(施設見学)の参加者を募集します!
~水辺から 広がる笑顔 東京の川~

 7月は河川愛護月間です。東京都では、この期間に河川愛護に関わる各種行事を開催します。これらの行事の参加者を下記のとおり募集します。

1)行事場所

[1]:「大雨から街を守る地下調節池見学(荏原調節池)」、[2]:「環七地下の巨大トンネルを体験(神田川・環状七号線地下調節池)」、[3]:「低地を守る水門管理センターの施設見学」、[4]:「首都東京にパナマ運河発見!(扇橋閘門)」

2)行事の内容

「大雨から街を守る地下調節池見学(荏原調節池)」

コース名 開催日 内容 募集人数
大雨から街を守る地下調節池見学 7月22日(金)
14:00~15:30
荏原調節池(目黒川)の役割やしくみなどについて、スタッフが現地で説明します。(品川区西五反田) 40人
  • 調節池流入部
  • 平成22年度開催のもの

「環七地下の巨大トンネルを体験」(神田川・環状七号線地下調節池)

コース名 開催日 内容 募集人数
環七地下の巨大トンネルを体験 7月23日(土)
9:30~12:00
環状七号線の地下約45メートルに直径12.5メートル、長さ4.5キロメートルの洪水対策用の調節池があります。この施設の役割やしくみなどについて、スタッフが現地で解説します。(杉並区堀ノ内) 200人

(写真は平成22年度開催のもの)

「低地を守る水門管理センターの施設見学」
コース名 開催日 内容 募集人数
低地を守る 7月26日(火) 平成23年4月に運用を開始した水門管理センターで監視室のモニターにより水門の画像を確認した後、清澄排水機場を見学し、施設の役割やしくみなどについてスタッフが現地で解説します。(江東区清澄) 50人
水門管理センターの施設見学 9:30~12:00
  • 監視室
  • 外観

(平成23年4月運用開始した水門管理センター)

「首都東京にパナマ運河発見!」(扇橋閘門)
コース名 開催日 内容 募集人数
首都東京にパナマ運河発見! 7月28日(木) 水位の違う河川をつなげる扇橋閘門(小名木川)を船に乗って通過体験し、その役割やしくみなどについて、スタッフが現地で解説します。(江東区猿江) 50人
(扇橋閘門) 9:30~12:00

(写真は平成22年度開催のもの)

例年実施していました「川を歩こう」については、今年は中止とさせていただきます。

1 応募方法  往復はがきに希望コース、参加者の氏名・年齢(1枚5人まで)、代表者の住所・電話番号・メールアドレス(お持ちの方)を記入し、下記のあて先まで郵送してください。返信はがきに各イベントの集合場所等を記して返信いたします。全て参加費は無料です。なお、いずれも募集人数を超える場合は、抽選とさせて頂きます。
 また、インターネットからの応募も可能となっています。

インターネットからの応募はコチラから
https://www.e-tetsuzuki99.com/eap-jportal/Entrance.do?command=PKG_DETAIL&lcd=130001&pkgId=13000_0358_K別ウインドウで開く
2 応募締切 7月12日(火) 必着
3 あて先 〒163-8001 東京都新宿区西新宿2丁目8番1号
東京都建設局河川部計画課環境計画担当係
4 注意事項
  • 各行事は、募集人数を超え、抽選となることが予想されますので、当日のキャンセルはご遠慮ください。
  • 大雨や地震等の影響により、中止となる場合もありますので、予めご了承願います。
  • 集合時間および中止の取扱いについては、当選はがきにて改めてご確認ください。
5 その他 応募の際にいただいた個人情報については、該当行事のご案内以外には使用しないものとし、その保護に万全を期してまいります。

お問い合わせ

河川部計画課環境計画担当
03-5320-5425

降雨時に役立つ情報

事業別に見る

ページトップへ戻る