印刷する

予防保全型管理の推進

 東京都が管理する河川施設、砂防関係施設、海岸保全施設は、経年による劣化などの影響により、一部の施設に変状が見受けられるようになっております。このため、施設の変状が進行する前に対策を行い、対策費用の低減・平準化を図る予防保全型管理の導入を図る必要があります。
 そこで、各施設が持続的に機能を確保し、対策費用の低減・平準化を図るための具体的な取組をまとめた「予防保全計画」を策定し、施設の長寿命化を推進する対策を図っています。